Tipping with Brave

執筆者 9月 9, 2019Announcements, Community, New Features, Rewards

お気に入りのTwitterクリエイターにBraveでチップを送りましょう

素晴らしいコンテンツがあれば何度もそのサイトに訪れたくなるものです。ウェブ記事を読んだり、SNSでのお気に入りのインフルエンサーとコミュニケーションしたり、人気番組を視聴したりと、どんなときでもそれは同じです。その人自身の言葉で語られる説得力のあるコンテンツには熱烈なファンが集まります。また、最近はお気に入りのクリエイターの収益に貢献する方法を探す人が増えてきています。コンテンツにユーザの行動履歴を追跡する煩わしい広告が含まれない場合は特にそうです。

2019年8月1日より、Braveでは、ユーザがTwitterのコンテンツクリエイターにBasic Attention Token (BAT)で直接チップを送ることができるようになったことを発表いたします。デスクトップ版のBraveブラウザでBrave Rewardsを有効にしてTwitterにアクセスすると「チップ」ボタンが各ツイートに表示されます。このボタンをクリックすると、ユーザは選んだ額のBATを直接ツイート主に送ることができます。Brave Rewards機能を有効にしているユーザはプライバシー重視のBrave Ads(Brave独自の広告)を視聴するとBATがもらえる他、BATを別途購入してBrave Rewardsのウォレットに追加することもできます。この機能を開始するにあたって、Brave Adsが現時点で開始されていない地域のデスクトップ版Braveユーザには、Braveから総額10万BATが配布されます(各ユーザへの付与額はおよそ1USドル相当のBATになります)。付与されたBATは「accept(受領する)」ボタンをクリックすると受け取ることができます。

ユーザはチップを毎月送るオプションを選択してお気に入りのクリエイターに継続的にチップを送ることができます。Braveのクリエイタープログラムで認証済みのコンテンツクリエイターにはチップは即時に送られ、数分でBrave Rewardsアカウントで確認できるようになります。チップの送信は各月の第1週に実行されます。

ツイートをシェアすることで、あなたがチップを送ったこと(「Tell others about your tip(チップを送ったことを他の人に知らせる)」)と、チップの受け取り方について、チップを送ったクリエイターに知らせることができます。シェア用のツイートにはクリエイター登録のリンクが含まれています。

クリエイターがまだ認証を受けていない場合、チップは、クリエイターがBraveのクリエイタープログラムで認証を受けるまでユーザのブラウザ内にローカルで保存されます。90日以内に認証を受けると、チップが送信されます。認証を受けていない場合、チップはユーザのBrave Rewardsウォレットに残ります。

これはBrave Rewardsの拡張機能の1つで、ウェブサイトやYouTubeのクリエイター、Twitchストリーマーをサポートすることが可能です。Brave Rewardsには、すでに6万もの認証済みクリエイターがいます。もうまもなく、BraveユーザがRedditやGitHub、Vimeoなど、さらに多くのコンテンツプラットフォームをサポートすることができるようになります。Brave Rewardsは、プライバシーを保護しながらもウェブサーフィン、報酬受け取り、コンテンツクリエイターへのサポートが可能となる、よりよいウェブ環境を再構築するための取り組みの一環なのです。

Related Articles

Continue reading for news on ad blocking, features, performance, privacy and Basic Attention Token related announcements.

Braveのプライバシー保護に向けた取り組みのご紹介#2: サードパーティ用のコスメティックフィルタ

プライバシーを侵害する広告は非表示に、プライバシーに配慮した広告はそのままに     注記:本稿は、Braveのプライバシー関連の新機能を紹介する定期ブログのシリーズ第2弾です。本ブログ記事は、リサーチエンジニアのAnton Lazarev、パフォーマンスリサーチャーのAndrius Aucinas、シニアプライバシーリサーチャーのPeter Snyder、そしてシニアソフトウェアエンジニアのPete Millerの業績について詳しく説明するものです。   概要...

OK Google, ブラウザでプライバシー保護するのを2022年まで先延ばしにしないで

Googleは最近、運が良ければ、そして多くの条件が満たされれば、Chrome WebブラウザーでサードパーティCookieのブロックをおそらく開始する予定であると発表しました。そしてこのプロジェクトのためにGoogleのエンジニアリングの技術者を総動員すれば、今後2年以内にこの目標を達成できると楽観的に予想しています。  ...

Braveのプライバシー保護に向けた取り組みのご紹介#1: サイト機能に影響を与えずトラッキングコードを置換

注:このポストはPete Snyder(プライバシー研究者)による連続投稿のブログ投稿の第一弾で、Braveの新しいプライバシー機能について説明いたします。今回はリサーチエンジニアのAnton Lazarev、パフォーマンス研究担当のAndrius Aucinas、CTOのBrian Bondyが行った作業について説明します。 問題:トラッカーをブロックするとサイトが壊れてしまうことがある...

Ready to Brave the new internet?

Brave is built by a team of privacy focused, performance oriented pioneers of the web. Help us fix browsing together.
Download Brave