Brave Talk

ブラウザだけで、無制限の、プライバシーの保護されたビデオ通話。その他のアプリは必要ありません。トラッキングもされていません。Braveによって提供され、接続は無料です。

プライバシーが保護された通話を開始する

ビデオ通話も、Brave流のプライバシーを。

トラッキングなし。データ収集なし。通話情報とあなた(または他の誰か)が紐づくことはありません。Brave Talkなら、あなたが誰と、いつ、どのように話しても、あなた以外には知られません。

余計なアプリは不要

通話を始める、Youtubeにライブ配信する、ストリーミングをグループ視聴する。全てBraveブラウザだけでできます。ログインも、アプリのダウンロードも必要ありません。

無料通話を、無制限で。

無料通話し放題。Brave Talkなら、無料通話の時間制限や回数制限はありません。

プレミアムプラン

Brave Talkでは、1対1の通話は無料で完全にプライバシーが保護されています。Brave Talk プレミアムでは、通話の録画、参加者のミュートやパスコード認証などの会議ホスト向けのツール、3人以上の参加者での通話などの機能を提供しています。

Brave Talkと他ツールの比較

搭載機能

Brave logo Brave
Zoom logo Zoom

匿名性(通話とあなたが紐付けられない)

ブラウザベース(ログインやダウンロードが不要)

無料通話の回数制限なし

無料通話の長さ制限なし

オープンソース

Brave Talkに関するよくある質問

  • デスクトップで無料通話を開始するには、Braveブラウザを開き、talk.brave.com を開きます。そして、 Start free 1:1 call をクリックします。あなたの表示名を入力し、Join meeting をクリックします。

    無料通話に人を招待するには、まず上のステップを行います。そして、通話が開始されたら、アドレスバーからURLをコピーし、招待したい人に共有します。

    通話に参加するには、通話を開始した人から会議URLをもらい、アドレスバーに貼り付けてアクセスします。ブラウザは、Braveでなくても(デスクトップでもモバイルでも)参加できます。指示が表示されたら、表示名を入力し、Join meeting をクリックします。

    注意:BraveのAndroidとiPhoneアプリでは現在Brave Talk プレミアムのみ対応しており、近日中に無料版に対応する予定です。つまり、現在無料版ではBraveブラウザデスクトップ版からのみ通話を開始する必要がありますが、(無料版でもプレミアム版でも)通話に参加するのはどんなブラウザでも、デスクトップでもモバイルでも可能です。

    また、Brave Talkの無料通話を開始するには、Brave Rewardsを有効化している必要があることにも注意してください。

  • Brave Talkは1対1のビデオ通話については無料です。もし、2人以上の人を追加したい場合、Brave プレミアムへのアップグレードをご検討ください。Brave Talk プレミアムでは、何百人でも通話に招待できます。
  • はい、Brave Talkは1対1ビデオ通話については無料です(Brave Rewardsが有効になっていることが前提)。もし、2人以上の人を追加したい場合、またはBrave Talkの追加機能を利用したい場合、Brave プレミアムへのアップグレードをご検討ください。Brave Talkプレミアムでは、安全なビデオ録画、YouTubeのグループ視聴やグループストリーミング、参加者のミュートや会議のパスコード認証といったホスト向けのツール、3人以上での会議などが利用できます。また、Brave talkプレミアムはBrave Rewardsを有効にしていなくても利用可能です。
  • Brave Talkは、それぞれのプラットフォームで最新のバージョンのBraveブラウザで利用できます。

    アンドロイド版とiOS版のBraveアプリは現在Brave Talkプレミアムに対応しています。近日中に無料版に対応する予定です。

  • 必要な場合も、必要ない場合もあります。通話を始めるには、Braveブラウザから操作を行う必要があります。しかし、あなたが通話に招待した人は、Braveブラウザで なくても 通話に参加することができます。
  • まず、Brave Talkを通じて通信されるすべての映像と音声データはトランスポート層暗号化によって暗号化されています。これは、多くのHTTPSを利用しているウェブサイトで、あなたの通信が(カフェのWiFiなどの)公共ネットワークで傍受されないようになっているのと同じような方法です。

    通話の映像と音声は、Braveのパートナーである8x8が運用するVideoBridgeサーバーを使用して他の参加者に送信されます。 セキュリティオプションビデオブリッジ暗号化 を有効にすると、ブラウザは他の通話参加者とキーを交換し、これらのキーはビデオストリームとオーディオストリームの暗号化に使用されます。キーを持っている人だけがあなたの通話を見ることができます。悪意を想定しなければ、Braveもそのパートナーである8x8も、デフォルトでこのキーを持っていません。

    ただし、ビデオブリッジ暗号化にはいくつかの重要な制限があります。電話の参加者を通話に含める場合や、参加者が20人を超える場合や、互換性のないブラウザー(Safari、ほとんどのiOSブラウザー、およびChromiumバージョン83以下のブラウザー)を使用するユーザーを含める場合、この暗号化設定は機能しません。通話を録音すると、8x8のサーバーは、その録音を処理して保存するために、ビデオ/オーディオストリームを復号化するための一連のキーを受け取ります。Braveは、Brave Talkの暗号化プロパティを引き続き改善し、これらの制限の一部を取り除くよう努めます。

    Jitsi暗号化についてのより詳しい記事はこちら (JitsiはBrave Talkが利用するオープンソース基盤です。).

  • Brave Talkプレミアムのキャンセルはいつでも行うことができます。キャンセルしても、サブスクリプションの残り期間まではBrave Talkプレミアムの機能を利用することができます。その後は、引き続き無料のBrave Talkで無制限の1対1通話を利用することができます。

    Brave Talkプレミアムのサブスクリプションをキャンセルするには、Brave Premium アカウントにログインして、Brave Talkのカードを探し、Cancel plan をクリックしてください。

  • Brave Talkのサービスは8x8とのパートナーシップにより提供されています。このサービスは、オープンソースのJitsi platformで構築されています。
Brave をダウンロード Nightly

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。

Brave をダウンロード Beta

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。

Brave をダウンロード

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。