Brave Searchは初年度に25億クエリを突破しました。そしてユーザーが検索ランクを選べるGoggles機能がデビューします

独自のプライバシー重視型検索エンジンが1周年でベータ版を終了し、ユーザーの脱グーグルを支援する革新的な機能が追加されます

1年前、私たちはDuckDuckGoやStartpageなど、Big Techに依存したサービスとは違う真に自立した新たなオルタナティブとして、プライバシーを保護し、バイアスのかかっていない、GoogleやBingに取って代わる新たな検索エンジンの選択肢となるべくBrave Searchをローンチしました

Brave Searchはベータフェーズを終了します。Brave Searchは、ほとんどの新しいBraveブラウザのユーザーのデフォルト検索エンジンであり、ユーザーは誰でも、search.brave.comにアクセスして、お気に入りのブラウザでBrave Searchを使ってプライバシーを守りながら検索することができます。Brave Searchは、急速にユーザーを増やし、多くの革新的な機能をリリースし、Big Techの独占に真っ向から挑戦してきました。その一方で、核となる原則に忠実であり続けています。

  • 独立性: 自ら作り出したWebインデックスより検索結果を提供します
  • プライバシー: 検索内容や、どのサイトをクリックしたかなど、ユーザーの行動を追跡をしません
  • ユーザーファースト: 広告やデータ産業ではなく、ユーザーを第一に考えます
  • 透明性: (法的に要求されない限り)検閲、バイアス、フィルタリング、ランクダウンを行いません。
  • シームレス: Braveはプライバシーを犠牲にすることなく、パーソナライズや、入力中に即座に結果が得られるなど、ブラウザと検索のクラス最高のインテグレーションを提供することができます

この1周年を記念して、Brave Searchの成長、Gogglesのプレビュー、その他の革新的な機能を紹介したいと思います。

圧倒的な成長

Brave Searchは、Bing以来のどんな検索プロバイダーよりも速いスピードで成長しています。

  • 1年間で25億クエリ
  • 一日あたり最大1410万クエリ
  • 現在の月次集計による予測値として、年率換算で50億クエリ

ちなみに、25億クエリに到達するまでに、Googleは1年以上、DuckDuckGoは4年以上かかっています。

手を緩めることなく改善を続け、多くの地域でBrave SearchはすでにGoogleやBingといった他の定評ある検索エンジンと競合する品質レベルになっています。品質、成長、新機能、そして世界的な独立性スコアの継続的な上昇のおかげで、Brave Searchから「beta」を取り除くこととなりました。

月間クエリの成長グラフ

「Brave Searchは、1年前のサービス開始以来、ユーザーにふさわしいプライバシーを提供するために、独立性と革新性を追求してきました。Webは絶えず変化しており、我々の驚異的な成長は、ユーザーを第一に考える新しいサービスへの需要があることを示しています」と、BraveのSearch部門のチーフであるJosep M. Pujolは述べています。「今日私たちは、従来の検索のやり方を変え、ユーザーが主役となるために、Gogglesをリリースします。この世界は単一のランキングでは表しきれないほどにあまりにも多様です。Gogglesは検索ランキングとフィルタリングをオープンにし、透明性を保ち、誰もが使用、共有し、改善できるのです。」

制限のない検索: Goggles beta リリース

私たちはBrave Searchの革新的な新機能となる、Gogglesの待望のベータ版リリースをお知らせします。Gogglesでは、個人やコミュニティメンバーの誰もが、検索対象となるサイトを指定したり、検索結果の順序を変更したりするためのルールやフィルタのセットを作成することができます。そして、誰もがBrave Searchの結果にGogglesを適用したり、拡張したりすることができるようになります。基本的に、GogglesはBrave Searchインデックスの上位に位置する再ランキングオプションとして機能します。

つまり、Brave Searchは単一のランキングではなく、ほぼ無限のランキングオプションを提供し、汎用検索エンジンでは困難な検索ユースケースを可能にします。Brave Search自体ではバイアスを持ちませんが、すべての検索エンジンはある程度の本質的なバイアスを持ちます。Gogglesは、アルゴリズムに内在するバイアスからユーザーが抜け出すことを可能にします。

Brave Searchは、検索におけるオープン性を重視しています。検索結果を偏らせたり、フィルタリングしたり、ランクを下げたりするようなアルゴリズムの操作は(法律で強制された場合を除き)行いません。世界最大の検索プロバイダーであるGoogleとBingが、政治的傾向やその他の要因に基づいてランキングを公然と操作しているのとは対照的です。

Gogglesは、Brave Searchの検索結果のランキングをユーザーが選択、変更、拡張できるようにすることで、このオープン性へのコミットメントをさらに一歩進めます。下記のサンプルクエリ「search engine」では、Gogglesのパワーが発揮されています。通常、より一般的な報道機関が優先されるシンプルなクエリが、ここでは個々のブロガーからの結果を表示していることがわかります。

Gogglesの検索結果のスクリーンショット Gogglesの検索結果のスクリーンショット

Gogglesは、どんなトピック、どんなメディア、どんなWebサイトに対しても同じように機能することができます。Gogglesでは、ユーザーはBig Techのバイアスなしに、制限なく検索を行うことができます。

  • Goggles betaを利用するには、search.brave.comで検索を行い、検索結果ページでGogglesタブをクリックします。

  • Githubリポジトリにアクセスすれば、誰でもGogglesを作ったり、他の人が作ったものを使ったり、既にあるGogglesのソースコードを見たり、それを拡張したりすることができます。

  • Gogglesのホワイトペーパーはこちらです

  • ローンチ時に利用可能なGoggles(以下のリスト)は、Braveがその使用方法の教育目的としてで作成したデモであり、Gogglesの構文とそのシンプルさを紹介するためのものです。これらは、ユーザーが新しい Goggles の影響と可能性を理解し、開発者がそれらを拡張またはフォークできるようにするための例であることが意図されています。Brave はこれらの Goggles を積極的に保守または拡張することはなく、コミュニティが独自の Goggles を構築し始めたら、これらの特定の Goggles を削除します。

    • Tech blogs—技術系ブログコンテンツを上位表示します。

    • Hacker News—Hacker Newsコミュニティで人気のあるドメインを優先的に表示します。ただし、最も閲覧されているWebサイト上位1000にランクインするようなものは除きます。

    • No Pinterest—Pinterestでホストされているページ/スレッドを除きます。

    • Rust programming—プログラミング言語「Rust」に関連するコンテンツを上位表示します。

    • Copycats removal—StackOverflow のスレッドや GitHub の翻訳などのコピーキャット・コンテンツ(模倣コンテンツ)を削除します。

    • 1k short—最も閲覧された上位1,000のWebサイトにあるページを削除します。

      • 技術系ブログのリストは、blogsurf.io や refined.blog など複数のソースから抽出したもので、Braveによる審査を受けている訳ではありません。また、Gogglesの “1k short” の上位サイトリストも、tranco-list.euから取得したものであり、新たにランクアップしたサイトはBraveが審査したものではありません。
  • Gogglesでのコミュニティの貢献はすでに始まっています。Allsidesチームは、メディアにおける政治的偏見に関する彼らの知見に基づいてGogglesを構築しています。なお、BraveはGogglesのクリエイターと何か関係がある訳ではありません。

    • Left-leaning sources—左寄りのコンテンツを上位表示するために結果を再ランクします。
    • Right-leaning sources—右寄りのコンテンツを上位表示するために結果を再ランクします。

Discussions

Brave Searchは、従来の検索機能のようなサービスのまま、より新しい、よりプライベートな検索を提供するだけではありません。検索結果を改善するために、今までの検索機能にはない新しい機能も追加しています。

Gogglesに加え、2022年4月に私たちは Discussionsを発表しました。Discussionsでは、Brave Searchの検索結果に、Redditなどの人気フォーラムサイトから引っ張ってきた、検索ワードに関連する実際の会話が追加されます。これにより、ユーザーはWebサイトがキュレーションしたコンテンツを読むだけでなく、様々なコミュニティがそのトピックについて何を言っているかを簡単に確認することができます。

Discussionsは、検索に複数の視点をもたらし、回答の質を測る方法として、「投票」や「いいね!」が用意されています。また、Brave Searchは、Googleで顕著になっているいわゆる「SEOスパム」にも対抗します。Brave Searchは、すでに他の検索エンジンよりもSEOコンテンツへの対応に優れていますが、Discussionsによって、検索結果ページに人間のリアルな会話(と回答)をもたらすことで、さらに結果を向上させることができます。

私たちがどのようにサービスを成長させてきたか

もちろんプライバシーや独立性、革新性は素晴らしいことです が、そもそも検索は正確さが何よりも重要です。私たちは当初から、人々がGoogleやBingに期待するような品質、ニュアンス、深みを提供する検索エンジンを作ることを目標としてきました。そして、私たちの原則に忠実であることを約束しながら、サービス発展に取り組んできました。

ユーザーデータを収集せずにインデックスとランキング・アルゴリズムを構築するにはどうすればいいか?私たちは、いくつかの方法を思いつきました。

  • The Web Discovery Project: ユーザーが匿名でブラウジングデータを提供し、Brave Searchのカバレッジと品質を向上させるためのプライバシーを保護した方法です。
  • Fallback mixing: Braveのインデックスが十分でない場合(特に「ロングテール」クエリ)、Googleをチェックし、結果を「ミックス」する匿名の方法です。
  • Anonymous local results: Brave Searchが、あなたの物理的な位置を把握したり、IPアドレスを中継したりせずに、ローカライズされた検索結果(例えば、「近くのレストラン」というクエリに対して)を提供する方法です。
  • Listening to your feedback: Brave Searchには、検索結果や機能、インフォボックスやウィジェットなど、あらゆることに対してフィードバックや要望、提案を提供してくれる、強力なコミュニティがあります。そして私たちは、これらのフィードバックをできる限り反映させています。

独立性スコア

これらは、ユーザーのためにインデックスを改善することと、オンライン上のプライバシーと匿名性を維持するということの両立が可能であることを示しています。Braveの急成長に加え、私たちはこのミッションの成功を測るもうひとつの指標として、独立性スコアをチェックしています。

このスコアは、個々人の指標とグローバルな指標の両方を表示し、Brave Searchのインデックスから直接提供された検索結果の割合を示していますが、このスコアはもっと重要なことを行っています。それは、Big Techに操作されることなく、情報への自由なアクセスを保証することです。Big Techに過度に、あるいは独占的に依存する検索エンジンは、Big Techの検閲や偏見、編集上の判断に左右されます。Webには複数の検索プロバイダーが必要です–選択肢がなければ自由はありません。

Braveは、既に存在しているサービスに代わるものを作るのであって、同じ中身で見た目だけを変えるのではありません。

  • Brave Search全ユーザーのグローバル独立性スコアは92%です。
  • これは、1年前にBrave Searchが初めてローンチしたときの87%から向上しています。
独立性スコアのスクリーンショット

あなたの調べ物をBraveが脱Googleして調べます

Braveが初めてTailcatチームを買収し、Brave Searchの基礎を築き始めたとき、私たちは何に向き合っているのか分かっていました。それは、Googleという一枚岩です。検索ボリュームの85%、デスクトップ・ブラウザーの使用率の60%以上を占める世界的なブランドに挑むことは、十分に大胆なことでした。ユーザーのプライバシーを守り、独自に構築したWebのインデックスに依存する方法でそれを行うことは、大きな挑戦でした。しかし、それはユーザーを第一に考え、Webを修復するというBraveのミッションそのものでした。

Braveは、Big Techのプラットフォームに代わる、最初のプライベートで実用的なブラウザと検索サービスを提供します。私たちは、Big Tech企業の検閲や行き過ぎた行為と戦いながら、プライバシーが保証されたブラウジングや検索をシームレスに行えるようにしています。また、プライバシーを最優先したGoogleのコピーを提供するだけでなく、DiscussionsやGogglesといった機能で革新を続けています。

“Let me Google that for you?(あなたの調べ物をGoogle検索で調べますよ)”というフレーズを聞いたことはありますか? このフレーズに代わり、今度はあなたの調べ物をBraveが脱Googleして調べましょうか?

Related articles

Brave Walletパートナーに新たに6つの業界をリードするDAppsが加わりました

先月、私たちはウォレットパートナープログラムとして、Braveウォレット接続を統合した6つの最初のパートナーを発表しました(ApeSwap、Arken、Bogged、DODO、Open Ocean、Skiff)。そして、今月は10以上のネットワークにまたがる6つの主要なDApps(分散型/非中央集権型アプリケーション)がプログラムに参加することを皆様にお知らせすることができ、大変嬉しく思っています。

この記事を読む →

Braveで新しいWebを体験する準備はできましたか?

Braveはプライバシーとパフォーマンスを重視するWebのパイオニアからなるチームによって開発されています。Braveを利用しWebの再構築に協力していただけませんか?

close
close

もう少しです...

最高のオンラインプライバシーを60秒で入手

ダウンロードが自動で開始しない場合は、 .

  1. Brave をダウンロード

    ポップアップウィンドウで「保存」をクリックし、ダウンロードが完了するのを待ちます。

    ダウンロード完了までしばらくお待ちください(場合によってはポップアップウインドウの “保存” をクリックする必要があります)。

  2. インストーラーを実行

    画面左下にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    画面右上にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    ダウンロードしたファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

  3. インポート設定

    設定中に、古いブラウザからブックマーク、拡張機能、パスワードをインポートします。

ヘルプが必要ですか?

どこでも、より良いプライバシーを

Braveアプリをダウンロードして、出先でもモバイルのプライバシーを確保しましょう。

Download QR code
Brave logo このファイルをクリックしてBraveをインストール
このファイルをクリックしてBraveをインストール Brave logo