Brave、eSportsチーム「Rush Gaming」とパートナー契約を締結 ~限定カスタマイズ版のBraveをファン向けに提供 ~

執筆者 6月 3, 2020Announcements, Press

Brave Software Inc (本社: 米国カリフォルニア州、CEO Brendan Eich、以下Brave)は、株式会社Rush Gaming (本社:東京都渋谷区、代表取締役:西谷 麗) が運営するeSportsチーム&ブランド「Rush Gaming」とパートナー契約を締結したことを発表します。

 

株式会社Rush Gamingが株式会社Wekidsと共に運営する「Rush Gaming」は、世界的人気のFPS (ファーストパーソン・シューティングゲーム)タイトル『Call Of Duty(R)』シリーズの国内プロリーグで活躍する、人気・実力ともに国内トップレベルのチームです。所属する個性豊かな選手やストリーマーは、数多くのプレイ動画を投稿し、また大会やファンイベントにおいてファンを魅了し続けています。

 

今回、Braveは、「Rush Gaming」と提携しファンの皆様向けにカスタマイズ機能を提供します。特定のURLからダウンロード頂くと、新規タブページの背景やお気に入りが「Rush Gaming」に関連したものに設定されます。また、Rush Gamingの公式サイト、SNSアカウント等でBATポイントを通じた支援の受け付けを開始します。ファンはBrave Rewardsプログラムに参加することで無料でポイントを貯めることができ、そのポイントを使って「Rush Gaming」を支援することが可能になります。

今後もBraveは、Brave Rewardsを活用したクリエイター/パフォーマーとファンとの新しい繋がりの形を、様々なパートナーの皆様と模索していきます。

 

<株式会社Rush Gaming、及び株式会社Wekids代表取締役 西谷 麗氏 コメント>

「Braveでは、これまでは直接グッズを買ったり、スーパーチャットを送ったりなどファンの方々が自分のお金を使うことでしかできなかった支援が、Braveを通じて広告視聴し、そこで獲得したBATポイントを使用する事でチームや個人を支援できるようになります。直接的な金銭提供じゃないからこそ、長くファンとクリエイターが繋がれる可能性が広がる、そんな期待を抱いています。」

 

【Rush Gamingについて】

株式会社Rush Gamingが株式会社Wekidsと共に運営する『Rush Gaming』は、 アメリカActivision社が開発するPS4をプラットフォームとする世界的人気のFPS (ファーストパーソン・シューティングゲーム)タイトル『Call Of Dutyy®』シリーズの国内プロリーグで活躍する国内トップレベルのゲーミングチームです。チームに所属する個性豊かな選手やストリーマーは、数多くの動画投稿、eスポーツやファンイベントにおいて、多くのファンを魅了し続けております。

Rush Gaming公式サイト: https://www.rushgaming.co
特設ランディングページ: https://brave.com/r/oxb363/

Related Articles

Continue reading for news on ad blocking, features, performance, privacy and Basic Attention Token related announcements.

Brave Integrates IPFS

Brave Integrates IPFS

IPFS, the peer-to-peer hypermedia protocol designed to make the Web faster, safer, and more open, has been integrated into Brave, the fast, privacy-oriented browser, reinventing the Web for users, publishers and advertisers.

IPFS Support in Brave

IPFS Support in Brave

Over the past several months, the Brave team has been working with Protocol Labs on adding InterPlanetary File System (IPFS) support in Brave. This is the first deep integration of its kind and we’re very proud to outline how it works in this post.

State of the BAT

State of the BAT

Brave launched the Basic Attention Token (BAT) in May 2017 with the aim of realizing the vision executing on the mission of the Basic Attention Token white paper.

Ready to Brave the new internet?

Brave is built by a team of privacy focused, performance oriented pioneers of the web. Help us fix browsing together.
Download Brave