Braveブラウザが「E-1サッカー選手権2019決勝大会」の公式ブラウザに ~ Braveのユーザ向けに限定のコンテンツを提供 ~

執筆者 12月 9, 2019Announcements, Press

Brave Software Inc (本社: 米国カリフォルニア州、CEO Brendan Eich、以下Brave)は、弊社が提供するBraveブラウザが、東アジアサッカー連盟(以下 EAFF)が12月10日から19日に開催するE-1サッカー選手権2019 決勝大会(以下 E-1)においてオフィシャルブラウザーとして提供されることが決定したことを発表いたします。本大会会場でBraveのLED看板を設置される他、連動した限定コンテンツがE-1公式ページにおいて提供されます。

公式ページ: https://eaff.com/competitions/eaff2019/brave

EAFFはE-1において『INNOVATION & UNITY』をコンセプトに、東アジアからサッカー界へ向けて新しい可能性を広げていくため、様々な試みを進めています。今回その試みの一環として、BraveとEAFFでパートナーシップを結び共同で新たな取り組みを行うこととなりました。

本大会ではBraveのユーザを対象として 1.“Color the Cheer”、2.”AI Match Forecast”、3.”Brave Award”の3つの施策を実施しサッカー観戦の新たな可能性を広げていきます。

 

EAFF E-1 サッカー選手権 2019オフィシャルWebブラウザ取り組みに関して

本施策が提供する機能としては、次のようなものがあります。

1. “Color the Cheer”
Braveの提供するLEDバナーを、チームの応援に提供します。男女12試合にて、前半Braveブラウザを通じてより多くの投票が行われたチームが、後半のLEDバナースペース権を獲得。後半にそのチームのユニフォームカラーと言語で応援メッセージが表示されます。投票していただいたファンの方には抽選で大会使用球をプレゼントします。 

2. ”AI Match Forecast”
AIを活用した勝敗予測システムAI-11(AI ELEVEN)を用いた、リアルタイム勝敗予測を試合中に提供します。同時に、詳細なチームと選手のLIVEスタッツも提供します。

3. “Brave Award”
最もBrave(=勇敢)な選手を、一般投票で男女1名ずつ選出するBraveアワードを新設。最も投票数が多かった選手にアワードが贈呈されます。

Braveブラウザは高速で安全なプライバシー保護に優れた技術により、より快適なインターネット環境を提供するインターネットブラウザです。一般的なブラウザと比較し3-6倍高速であり、既に全世界52言語で提供され、月間1040万人のユーザにご利用いただいています。

Related Articles

Continue reading for news on ad blocking, features, performance, privacy and Basic Attention Token related announcements.

bitFlyer と次世代高速ブラウザ Brave が暗号資産(仮想通貨)ウォレットを共同開発

日本初 Brave ブラウザで暗号資産 BAT の受取・利用が可能に ビットコイン取引量国内 No.1*1 の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:三根 公博、以下「bitFlyer」)と、次世代高速ブラウザ Brave を提供する Brave Software, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Brendan Eich、以下「Brave Software」)の子会社で、ブロックチェーン関連業務を行う Brave Software International...

Ready to Brave the new internet?

Brave is built by a team of privacy focused, performance oriented pioneers of the web. Help us fix browsing together.
Download Brave