Web3とは?

Web3は「非中央集権型」Webの別名です。Web3は、多くの点ではあなたが毎日使っているインターネットと同じように機能します(ただし、いくつかの重要な技術的相違点があります)。Web3には、ソーシャルメディアやストリーミング・サービス、ニュース・アウトレット、金融ツールなど、おなじみのウェブサイトやアプリがそのまま存在します。そして、ビッグテック(または政府)のゲートキーパーが存在しないため、これらのサイトやアプリケーションに接続する方法が根本的に異なります。   混乱してしまいますか?ご心配なく。少し戻って、ウェブの基本的な構造と、この新しいコンセプトである「非中央集権化」がどのようにフィットするのかを確認してみましょう。  

集中型ウェブ:サーバーとは?

インターネットには何百万ものウェブサイトやアプリがあり、スマートフォンやノートパソコン、スマートテレビなど、インターネットに接続できる機器であれば、クリックするだけですぐに利用することができます。しかし、これらのサイトはすべて、どこかに「存在している」(または保管されている)必要があります。そこで登場するのが「サーバー」です。   サーバーは、インターネット上のコンテンツを物理的に格納する、いわばもうひとつのコンピュータです。ネット上のサービスやサイト、アプリにアクセスすると、それらが存在するサーバーとやり取りをすることになります。   そして、ほとんどの場合、アプリやサイトには多くのサーバーが必要です。個人のポートフォリオページなど、ごく小さなサイトは1台のサーバーでホスティングできるかもしれませんが、何百万人ものユーザーをサポートするウェブアプリは、より多くのストレージを必要とします。つまり、ほとんどのサイトやアプリは、複数のサーバーに分散して保存されているのです。   サイトやアプリ、サービスを運営する場合、データストレージ(サーバー)を自前で用意するか、既存のデータストレージプロバイダーからレンタルする必要があります。そこで登場するのが、Amazon、Microsoft、Googleなどのビッグテック企業です。彼らがこれほどまでに力を持つようになった理由のひとつは、独占しているからです。これらの大手企業は、サーバーとメンテナンスを(比較的)安い料金で提供しており、人々(または企業)にとって、自分でサーバーを運用するよりもレンタルする方が簡単である場合が多いのです。また、大手サービスプロバイダーは世界中に多くのサーバーファームを保有しており、アプリやサイトが複数の遠隔地のデータセンターにストレージを分散させることが容易になります。   しかし、誰かが自分でサーバーを動かすにせよ、ストレージプロバイダーから借りるにせよ、そのサーバーをコントロールできるのは(ほとんど)自分自身なのです。このモデルは「中央集権型」と呼ばれ、所有者がサーバー、ひいてはサービスに対する最終的な権限を持っています。たとえサーバーが広く分散していても、常に中央集権型の権威によってコントロールされているのです。   これは、古いWebの仕組みの核心です。Web 1.0と2.0では、政府、ビッグテック、ウォール街などが、あなたの身元、取引、コンテンツを公開する権利、Webへの基本的なアクセスさえも確認する中央機関となっています。   Web3は、このような原理から脱却することを目的としています。つまり、非中央集権化です。  

Web3における非中央集権化とはどのようなものか?

Web3では、アプリケーション、サイト、サービスをホストするためにサーバーが必要です。そして、それらは世界中に分散していることが多いのです。Web3の新しいモデルがユニークなのは、サーバー(Web3では「ノード」と呼ばれる)が、中央集権型の当局ではなく、独立した当事者によって所有・運営されている点です。言い換えれば、分散型であるだけでなく、「非中央集権型」でもあるのです。   これは小さな違いに見えるかもしれませんが、インターネットの未来と私たちの利用方法にとって大きな意味を持ちます。技術的な違いであると同時に、思想的な違いでもあるのです。非中央集権化はWeb3の核心であり、インターネットのコントロールをビッグテック企業ではなく、インターネットを使い、それに貢献する人々の手に委ねるということなのです。   しかし、Web3の所有権モデルは、技術的な観点から見ると、より複雑で実現が難しいものです。真に非中央集権化された所有権を得るために、Web3はブロックチェーンや暗号通貨といった最先端の技術に依存し、ノードを調整し、それらのノードを運営する独立したパーティにインセンティブを与えています。そして、誰でもこれらのネットワークの上に構築することができ、サイト、アプリケーション、サービスをホストするために非中央集権化されたノードを効果的に選択することができるのです。   Web3を動かしているテクノロジーとその仕組みについては、こちらをご覧ください。   その結果、Web3を動かしているネットワークは「非中央集権型」であると言われています。すべてのネットワークトラフィックを見たり、特定のユーザーからのアクセスを遮断したりといった特別な権限を持つ者はいません。ブロックチェーン・ネットワークは、(中央集権型のビッグテック企業ではなく)独立した参加者に依存して、物事を維持・運営します。そして、個々の参加者は、ブロックチェーン・ネットワークをサポートすることで暗号通貨の報酬を得ることで、そのインセンティブを得ているのです。   Web3のブロックチェーンネットワーク上に構築されたアプリやサイトは、「非中央集権型アプリケーション」(または「DApp」)と呼ばれています。この用語は、1つの支配的な団体のサーバーではなく、独立した複数の参加者に属するノードによって集合的にホストされていることを意味しています。技術的には、誰でも自分のコンピュータをノードとしてネットワークに参加させることができます。しかし、現実的には、ノードとして最適なパフォーマンスを発揮するのは高度なコンピュータであり、ほとんどのノードは、中央集権型の所有権がないだけで、まだ大規模なセットアップで運用されています。   DAppとWeb3で構築されている他のものについては、こちらをご覧ください。  

なぜ非中央集権化を気にする必要があるのか?

Web3は従来のWebと同じように動作しますが、異なる「非中央集権型」のインフラストラクチャがそれを支えています。なぜそれがそんなに重要なのでしょうか?   主な理由は2つあります。まず、Web3はWeb 2.0よりもはるかに安全で、プライベートで、アクセス可能で、検閲に強いということです。第二に、Web3は、インターネットがどのように機能すべきか、誰がそれをコントロールすべきかという新しい哲学を表しており、個人がウェブの未来を形作る機会を提供するものでもあります。Web3の支持者たちは、この点で、Web3を民主化(または脱独占化)すると言っています。Web3は、ユーザーの手に力を取り戻すのです。  

Web3の優位性

今日の中央集権型のインターネットと比較して、Web3は次の点でより優れています。  

  • 安全性(暗号技術により)
  • 耐障害性(グローバルに分散されたインフラストラクチャのおかげで)
  • 検閲耐性(コンテンツへのアクセスをブロックする中央当局が存在しないため)
  • 開放性(参加するのに許可が必要ないため)
  • プライバシー(中央集権型サーバーがないため、データへの特権的なアクセスはない)   それぞれの利点について、さらに詳しく見ていきましょう。  

安全性

Web3は暗号化されているため、Web 2.0よりも安全でプライベートです。例えば、Web3ユーザーは、ユーザー名/パスワードの代わりに秘密鍵(暗号化されたパスポートのようなもの)を使ってDAppにアクセスします。これにより、ユーザーは自分自身のデータを管理することができます。ログインする際に、中央の権威を信頼して認証情報を保存・検証する必要はありません。  

耐障害性

ノードやサーバーはWeb3とWeb 2.0の両方で分散させることができますが、Web 2.0のビッグテック企業はサーバーファームを「戦略的」地域に集中させる傾向があるので、通常Web3ではより分散させることが多くなります。世界中に分散したノードが独立した団体や個人によって所有・運営されているため、Web3を構成するネットワーク上でひとつの事象が停止やダウンタイムを引き起こす可能性ははるかに低くなります。この点で、Web3はより「耐障害性」が高く、つまり、単なる停電がサービスを中断する可能性を低くすることができるのです。また、Amazon Web Servicesに問題が発生し、そのデータセンターとホスティングしているものすべてに影響が及ぶような大規模な停止は、Web3では事実上ありえません。  

検閲耐性

Web3の非中央集権型ホスティングは、Web 2.0に比べてサイトやアプリの検閲への耐性が高いことを意味します。Web 2.0では、政府やインターネットサービスプロバイダ(ISP) などの当局が、そのサーバーへのアクセスを制限することで、サイトへのアクセスをブロックすることが可能です。しかし、Web3では、サーバーが独立して所有・運営されているため、ブロックチェーン・ネットワークやそれらがサポートするDAppを支配する中央権威が存在しません。つまり、これらのサービスへのアクセスを制限する支配者が存在しないのです。  

開放性

Web3は非中央集権型であるため、オープンかつ自由参加型で透明性が高く、インターネットに接続できれば、場所、国籍、年齢、性別、その他の要素に関係なく誰でもアクセスすることができます。さらに、誰でも必要なソフトウェアをダウンロードして、ノードオペレーターとなり、ブロックチェーンネットワークの確保に参加することも可能です。許可を与える中央機関が存在しないため、許可を求める必要がありません。  

データのプライバシー

Web3上のDAppに接続すると、独立した所有権を持つノードと通信を行うことになります。Web 2.0では、閉鎖されたドアの向こうの中央集権型の所有権を持つサーバーと通信をやり取りしています。Web 2.0では、自分のプライバシーを尊重してくれるサービスの所有者を信頼する必要があります。そして、現実的には、Web 2.0のビッグテック企業は、データを保護するよりも、むしろデータを売りたいことを何度も示しています。しかし、Web3では、あなたは独立した当事者と取引しています。例えば、ネットワークを介して送信されるすべてのデータに特権的にアクセスできる中央の「イーサリアム企業」は存在しませんし、トラッカーでウェブを歩き回るあなたを追跡することもできません。  

Web3はイデオロギー的な運動である

技術的な進歩もさることながら、Web3はある種の反乱でもあります。Web3は、現金収入を得ようとする大企業を優先し、日常のユーザーを軽視する現在のインターネットの不始末に対する拒否反応を表しています。   Web3では、ユーザーは自由にインターネットにアクセスでき、ビッグテックは必要なく、自分のデータを完全に所有することができます。これは、ウェブをどのように管理し、ユーザーがどのようにアクセスすべきかという、まったく新しい哲学なのです。Web3の世界では、もはや政府、ビッグテック、ビッグバンクのような一枚岩で中央集権型の権威に依存する必要はありません。   Web3 はインターネットを民主化し、誰もがネットワークに参加し、ノードを運営し、DAppを構築し、場所や人に関係なくWeb3のサービスを享受できるようにすることなのです。  

Web3は技術革新を促進する

より公平なインターネットの到来を告げるだけでなく、Web3は本当にエキサイティングな新しいテクノロジーの創造にも拍車をかけています。   Web3はブロックチェーンと暗号通貨を基盤としており、あらゆる種類の新しい技術革新の門戸を開いています。暗号通貨は「トークン化」という概念を導入しました。これは、ある資産をブロックチェーンに支えられたデジタル版として作成することです。そのため、Web3の価値やイノベーションを取り込んだ、あらゆる種類の新しい暗号通貨が生まれたのです。たとえば、Basic Attention Token (BAT)は、Braveがユーザーと広告主の双方にとってより良いオンライン広告の世界を実現するために活用しているトークンです。   その後、トークン化はさらに拡大し、Non-Fungible Token (NFT)はまずデジタルアート界に旋風を起こしましたが、NFTは単なるデジタルアート以上のものに成長しました。NFTは新世代のWeb3ユーザーに、デジタル資産とその所有、保存、展示、活用の仕方について再考させるきっかけを与えました。NFTギャラリーは、例えば、デジタルアート作品を誰もが見られるように展示する「メタバース」の事例を生み出しました。そして、メタバースはさらに多くの新しいテクノロジーを生み出すことでしょう。   しかし、これらの新技術は、ハイテク分野にとって刺激的で革新的であるのと同様に、他の分野にとっても強力で可能性に満ちたものです。Web3の技術が最初に強い影響を与えた業界は金融(非中央集権型金融、DeFiの導入)でしたが、多くの業界がそれに続くことは間違いありません。サプライチェーン、医療、保険、不動産、ゲーム、ソーシャルメディアなど、多くの業界がWeb3の合理的で自動的、かつ信頼性の高いシステムから様々な恩恵を受けると思われます。

自分自身でWeb3を探求する

Web3は、より多くの人が参加すればするほど、その勢いが増していきます。Web 2.0の問題点や非効率性を認識し、Web3への移行を進めることで、インターネットは徐々に、より公平で革新的な場所へと変わっていくはずです。   でも、どうすればこのムーブメントに参加できるのでしょうか?それは簡単です。暗号通貨ウォレットのようなWeb3機能を内蔵したプライバシー重視のWebブラウザに切り替えるだけ…Braveのようなブラウザに切り替えるだけです。今すぐダウンロードすれば、とても簡単にWeb3の世界に飛び込むことができます。

Braveで新しいWebを体験する準備はできましたか?

Braveはプライバシーとパフォーマンスを重視するWebのパイオニアからなるチームによって開発されています。Braveを利用しWebの再構築に協力していただけませんか?

close

もう少しです...

最高のオンラインプライバシーを60秒で入手

ダウンロードが自動で開始しない場合は、 .

  1. Brave をダウンロード

    ポップアップウィンドウで「保存」をクリックし、ダウンロードが完了するのを待ちます。

    ダウンロード完了までしばらくお待ちください(場合によってはポップアップウインドウの “保存” をクリックする必要があります)。

  2. インストーラーを実行

    画面右上にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    ダウンロードしたファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    画面左下にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    画面右上にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    ダウンロードしたファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

  3. インポート設定

    設定中に、古いブラウザからブックマーク、拡張機能、パスワードをインポートします。

ヘルプが必要ですか?

どこでも、より良いプライバシーを

Braveアプリをダウンロードして、出先でもモバイルのプライバシーを確保しましょう。

Download QR code
このファイルをクリックしてBraveをインストール Brave logo
このファイルをクリックしてBraveをインストール Brave logo
このファイルをクリックしてBraveをインストール Brave logo