iOS版Braveでデータの節約状況が表示されるようになります

執筆者 Jul 15, 2021Uncategorized

Braveでは新しいタブを開いた際にBrave使用開始時からのデータ節約量を表示していますが、Braveが広告やトラッカーをブロックすることで、それぞれのWebページを表示するときにどれくらいデータが節約されたのか、気になったことはありませんか?

iOS版のBraveは2021年7月にリリースするバージョンアップ(Ver.1.28)で、特定のWebページにアクセスした際にBraveを使ったことでどれくらいデータが節約できたのか、Braveユーザの皆さんにわかりやすく表示をする新機能をリリースします。ある特定のサイトを閲覧した際にShieldsによって「どれくらいのデータサイズが節約されたか」が表示されるようになります。これは全てのWebページではなく、一部のページでのみ表示され、それぞれのサイトごとに一度だけ表示されます。

データの節約状況を表示させるために、Braveではまず広告やトラッカーがブロックされていない状態でページ全体のデータサイズを測定し、そしてShieldsが有効な状態でのデータサイズを測定しています。その後、キャッシュが全くない状態や、キャッシュが有効な状態などを考慮したうえで、参考値としてShieldsが有効な状態でのWebページの節約状況が表示される仕組みをつくりました。あくまでも参考値としての表示であり、例えばこれらの計測作業においては、ビデオやオーディオのストリーミングデータについては計測の対象外となっています。

この機能はまず日本のBraveユーザの皆様向けに、iOS版Brave限定でリリースを行います。今回のリリースを踏まえた上で、今後その他の国や地域での提供や、Android版、デスクトップ版Braveへの展開などを検討いたします。

ご不明点につきましては、Eメールにて jpsupport@brave.com までご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。

Related Articles

Continue reading for news on ad blocking, features, performance, privacy and Basic Attention Token related announcements.

Brave Adsの広告配信について

Braveオリジナルの広告配信システム(以下、Brave Ads)は、その新しさゆえにコンセプトにわかりづらい部分もあるかと思います。

Ready to Brave the new internet?

Brave is built by a team of privacy focused, performance oriented pioneers of the web. Help us fix browsing together.
Download Brave