アテンションに応じて報酬を受け取ろう

Braveは、あなたのアテンション(関心)に対して報酬が支払われる唯一のブラウザです。Google Chromeと同様にBraveは無料でダウンロードできます。しかも Braveをご利用いただくと報酬を受け取ることができます。

ウェブブラウザを無料でダウンロードするときは、特にそれに違和感を持つことはないと思います。しかしその背後では、広告主やその他のデータ業者があなたの個人情報やオンラインの行動データにアクセスすることが可能になっており、年間数千億円の利益を上げているのです。1 あなたの情報を不正に取得し、他の業者と交換・蓄積していくことでテックジャイアントと呼ばれる企業は、あなたのオンラインでの体験を操作することが可能になり、関心における独占的な地位を確固たるものにしてきました.2 さらにあなたの関心を独り占めにするために埋め込まれる広告やトラッカーが、お使いのコンピューターのリソースを消耗させ、結果的にプライバシーが脅かされるだけでなく、ブラウジングの速度までも犠牲になっているのです。

Braveは、インターネットが永久に無料で、かつ誰でもアクセスできるものであり続けるように戦っています。不健全な監視経済の代わりに、優れたコンテンツに対して利益が発生するようなモデルを構築しています。BraveはGoogle Chromeと比べて圧倒的に高速で快適なブラウジング体験を提供し、しかもユーザに対して報酬を支払います。ウェブをブラウジングするためにプライバシーを犠牲にする必要などないのです。

未来のブラウジングでは、参加する皆さんのアテンションが公平に評価されます。また、新しいモデルはユーザ、広告主、コンテンツクリエイターの全てにとってメリットがあります。3

報酬を獲得し、プライバシーを回復する

Google Chromeの利用していると、あなたにより商品を買わせるために広告トラッカーを通じて行動データが収集されています。そのデメリットは単にプライバシーが脅かされるだけではありません。それだけではなく、そういった情報収集のコストをあなたが払わされているのです。4 ご存知でしょうか?実は広告やトラッカーが平均的なユーザのモバイル通信の50%ほどを占めているのです。 5 言い換えるとインターネットを閲覧する際に、読み込みに余計に時間がかかり、見たくもないコンテンツを見せられるためにお金を払っている状況なのです6

広告やトラッカーが平均的なユーザの携帯通信の50%ほどを消費している.

Braveはこのおかしな状況を打開しようとしています。Brave Ads はオプトインベースの広告プラットフォームです。この広告プラットフォームでは、ユーザの邪魔にならず、またプライバシーを脅かすことのない広告を閲覧いただくことで報酬が支払われます。あなたのアテンション(注目)をそのような広告に向けていただく報酬として、Braveが受け取る広告費用の70%を受け取ることができます。この報酬はBasic Attention Tokens (BAT)7と呼ばれるトークンで支払われ、オンラインでご利用いただけます。8 受け取ったBATは毎月末に現金として引き出すか、またはお気に入りのウェブサイトやクリエイターにチップとして送ることができます。9 Brave Rewards の操作パネルを開き、“チップを送る"というボタンをクリックするだけで簡単に応援したいクリエイターに報酬を送ることができます。10

表示する広告をコントロールする

Brave Adsにオプトインするメリットは報酬を受け取れることだけではありません。Brave Adsでは広告やブランドとより良い形で関わることができます。Brave Adsでは、表示する広告やその頻度をご自身で設定いただくことが可能です。YouTubeのCMが終わるのをひたすら待つ必要はありません11。動画広告が大音量で再生されているタブを探し回る必要はありません。 Braveでは、どんな広告をどのように表示するか、あなたが決めることができるのです。

Braveが提供するすべての広告は、デバイス上で直接プッシュ通知として表示されたり、新しいタブページの背景画像として表示されたりと、目立たず気にならない形式になっています12。もしプッシュ通知や Sponsored Imageの情報が気になったら、[詳しく]をクリックしてみましょう。あなたの興味に全く関係のない広告を提供している場合は、[無視する]をクリックするとそういった広告が出にくくなります。とてもシンプルです。

お気に入りのパブリッシャーをサポートする

Braveの広告モデルは、みなさんのようなユーザーだけでなく、インターネット上のすべての人をサポートしています。グーグルは検索市場を支配しているだけでなく、デジタル広告市場にも強い影響力を持っています。Facebookも同様ですが、広告を掲載するために広告主に料金を請求し、一方では広告を掲載するパブリッシャー側にも料金を請求することによって、広告から発生する利益の大部分を手に入れているのです。13 14 15

Braveは、ユーザーがアクセスしたサイトを直接サポートできるようにすることで、そういった大手テック企業の牙城を崩そうとしています。Brave Adsを通じて獲得したBATを使って、YouTubeに面白い動画を投稿しているクリエイターや、情報収集で頼りにしているニュースメディアなど、認証を完了したクリエイターに直接チップを送ることができます。クリエイターは毎月末、受け取ったチップを現金と交換して、制作に必要な費用に充てることができます。またBrave Adsでは、慈善団体や非営利団体にチップを贈ることも積極的に推奨しています。16 ユーザはパブリッシャーに直接チップを送ることによって、世界中のパブリッシャーが最高のコンテンツを作り続けられるように支援でき、本来パブリッシャーが受け取るべき収益を横取りしている監視経済を掘り崩すことができるのです。17

あなたがBraveでブラウジングをすると、広告主にもメリットがあります。自分で決めた設定に従って広告を表示・閲覧するので、広告主はどのようなメッセージがオーディエンスにとって魅力があるのかを確実に知ることができます。広告がユーザーの注目を集めることに成功すれば、あなたはBATで報酬を受け取り、広告主は売上を上げることができるのです。これはwin-winです。

広告主やテック企業の利益よりも、あなたのアテンションを大切にするブラウザが必要です。 Brave Adsを通じて、あなたは世界中の出版社を支援し、ひいては不公平なデジタル監視経済を打ち崩すことにつながります。Braveをダウンロード して誰しもが尊重される新しいインターネットに参加する。


  1. https://gvwire.com/2020/06/23/how-much-is-our-personal-data-worth/ CCPAは、年間120億ドル以上の価値を持つ個人情報を保護することを目指しています。 ↩︎

  2. https://evgenverzun.com/how-tech-giants-benefit-from-data-collection/ 彼らの成功のモデルは、全くエレガントではありません – アマゾンの従業員は、よく売れるものを見つけ、アイデアをコピーして同様の製品を作成し、その後、検索結果で小規模なベンダーを見つけにくくし、アマゾンブランドの製品をより良い位置に置くことができます。 ↩︎

  3. https://uproer.com/articles/what-is-brave-ads-an-advertisers-guide/ ↩︎

  4. https://venturebeat.com/2015/05/28/google-chrome-now-has-over-1-billion-users/ ↩︎

  5. https://basicattentiontoken.org/ 平均的なモバイル通信ユーザの通信の最大50%は広告や広告トラッカーのために消費されています。 その費用は金額換算すると月23ドルにもなります。 ↩︎

  6. https://basicattentiontoken.org/ ↩︎

  7. https://basicattentiontoken.org/ ↩︎

  8. https://getblockcard.com/supported-currencies/basic-attention-token/ Basic Attention Tokenを使ってBasic Attention Token仮想デビットカードに資金を追加し,オンラインの購入に使ったり,物理的なプラスチック製のデビットカードはVisaカードを受け入れているところで 使うことができます。 ↩︎

  9. https://support.uphold.com/hc/en-us/articles/360027573211-What-is-Basic-Attention-Token 今後数ヶ月の間に、すべてのBraveユーザーは、広告を閲覧した際のレベニューシェアをUpholdウォレットに引き出せるようになります。 ↩︎

  10. https://brave.com/tips/ Brave Rewardsのパネルを開き、チップボタンをクリックすることで誰にでもチップを送ることができます。認証済みのクリエイターにチップすると、送られたクリエイターのBrave* Rewardsアカウントに即座に追加されます。 ↩︎

  11. https://www.youtube.com/watch?v=mnXqAUloEwM ↩︎

  12. https://brave.com/introducing-sponsored-images-in-brave/ ↩︎

  13. https://www.newsmediaalliance.org/google-ad-revenue-op-ed-70-percent/ Googleはオンライン広告のエコシステムを支配しているので、彼らは出版社のウェブサイトに配置された広告から収益出ているだけでなく、さらに彼らのアドテク技術を使うことにも費用を求めています。2017年の報告によると55%の広告主の予算は消費者に広告を表示するために使用されていくアドテクのために使われていました。 ↩︎

  14. https://brave.com/faq/ 私たちは、広告ブロックの対象から外し広告が表示されるようにすることで広告主から年間費用をとるといったビジネスモデルを採用していません。また、私たちが提供する広告と、私たちがブロックする広告や関連した売上は無関係です。 ↩︎

  15. https://www.adexchanger.com/platforms/google-opens-its-black-box-and-shares-fees-across-dv360-google-ads-and-google-ad-manager/ Google アドマネージャーパブリッシャーに平均18セントの費用を 課金しています。 ↩︎

  16. https://brave.com/covid19-response/ ↩︎

  17. https://basicattentiontoken.org/ 中間業者や詐欺が減るので、パブリッシャーはより多くの収入を得ることができます。 ↩︎

Related articles

Brave Blog

Check out the Brave blog: the front page for news on ad blocking, features, performance, privacy, and Basic Attention Token related announcements.

Read more articles →

Braveで新しいWebを体験する準備はできましたか?

Braveはプライバシーとパフォーマンスを重視するWebのパイオニアからなるチームによって開発されています。Braveを利用しWebの再構築に協力していただけませんか?

Brave をダウンロード
Brave をダウンロード Nightly

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。

Brave をダウンロード Beta

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。

Brave をダウンロード

Macに搭載されているチップを選択してください

Intel Chip icon Intelチップ

最も一般的

Apple Chip icon Apple チップ

2020年11月以降に発売された端末

端末に搭載されているチップを確認する方法

  1. 左上のAppleメニューを開く

  2. [この Mac について] を選択します。

  3. [概要] タブで「プロセッサ」または「チップ」を探します。

  4. 「Intel」または「Apple」のどちらが表記されているか確認します。