Brave Version 1.38 for iOS - Privacy Hubを搭載し、各ページでブロックしているものがより明確に

新しいiOSバージョンでは、フィンガープリンティング保護を強化し、プライバシー保護が強化されています。

Braveでは、プライバシーはBraveのコアとなるコードに実装されている重要な保護機能です。Braveのプライバシー保護機能は、ただのマーケティング目的で実装しているものではありません。これらの保護機能はデフォルトでオンになっており、その効果はアクセスするすべてのページで見ることができます。Braveでは、プライバシー保護機能のために拡張機能をダウンロードしたり、設定を行ったりする必要はありません。ただダウンロードし、ブラウジングを開始するだけでプライベートなWebブラウジングが開始されます。

iOS版Braveのv1.38は、Appleモバイルユーザーのためのプライバシー保護を拡張し、トラッカー、フィンガープリント、およびWeb全体に隠された悪影響について詳細を可視化し、このような悪質な機能に対するBraveの本質的な保護機能をハイライトで表示します。

v1.38の主な更新は以下のものです。

  • 新しいPrivacy Hub 
  • フィンガープリンティング保護の強化 
  • 証明書確認ビュー

The Brave Privacy Hub for iOS

Privacy Hubは、特定のサイト、特定の期間において、Braveがブロックしたトラッカーの数を随時更新して表示します。この新機能により、Braveが何をブロックしたのか、Braveがどのように個人情報を保護しているのかを、ユーザーはより正確に把握することができます。

Privacy Hubは、トラッカーやプライバシーの脅威について知ることに役立ちます。危険なページやトラッカーをハイライトに表示し、それらトラッカーとその背後にあるテクノロジー企業やパブリッシャーとを結びつけます。これらによって、プライバシーを侵害しようとするサイトがどれほど存在するかがわかります。

Privacy Hub

iOSのフィンガープリンティング保護の強化

1.38で、BraveはiOS向けのフィンガープリントに対する保護機能を改善しました。この新しい保護機能は、より多くのサイトでユーザーのフィンガープリントを取得するのを防ぐと同時に、より多くのWebサイトが期待通りに読み込まれるように機能します。

フィンガーブリンティングを回避するために、Braveはフィンガープリント可能なAPIを無効にするのではなく、わずかなランダム化を行います。このようにすることで、保護機能を保ちつつ、Webサイトの破壊を回避することができます。

デスクトップとAndroidで既に実装されていたこれらの保護機能はiOSでも有効になりました

iOSの証明書確認ビュー

Webサイトのセキュリティ証明書は、そのWebサイトへのアクセスを安全かつ機密性の高いものに保ちます。例えば証明書により、なりすましのコピーサイトではなく、本物のサイトにアクセスしていることを確認することができます。

BraveはデスクトップとAndroidのブラウザに証明書ビューアを搭載していますが、1.38のリリースでそのオプションをiOSにも展開しました。ページの証明書を表示するには、URLバーにある鍵のアイコンをタップします。ここで、証明書が有効か無効か、信頼できるかどうか、標準に準拠しているかどうか(または準拠していないか)を確認できます。

有効な証明書と無効な証明書

有効な証明書と無効な証明書

Get started with Brave on iOS

Braveは、あなたのデータはあなたのものであり、ブラウザとデバイスにおいて保護されるべきであると考えています。Big Techの卑劣な(そして危険な)やり方は、この考えと真っ向から対立しています。

iOS 1.38のリリースにおいても、Braveはユーザーデータ保護をブラウザの基盤とする方針を継続し、トラッカーやフィンガープリント、その他ウェブ上に潜む悪質なものをより可視化しました。

Big Techから離れ、プライバシーを取り戻したいですか?デスクトップ、Android、iOS用のBraveをダウンロードしましょう。切り替えに必要なのはたったの60秒だけです。

Related articles

BraveウォレットでのFilecoinインテグレーションと新たなプリロードEVMの追加を発表します

本日のBraveブラウザー(v1.40)のリリースで、BraveウォレットをWeb3の安全で使いやすいツールにするというミッションがまたさらに前進しました。これにより、拡張機能不要のまま、ユーザーが新しいチェーンや分散型アプリ(DApps)に、ブラウザ上で簡単にアクセスできるようになりました。

この記事を読む →

NEAR FoundationとBraveはNEARプロトコル上のEthereum仮想マシン(EVM)であるAuroraをBraveウォレットに統合するパートナーシップを発表します

BraveとBATのCEO兼共同創業者のBrendan EichとAurora LabsのCEO Alex Shevchenko氏は、本日オースティンで開催されたConsensusカンファレンスで、両社の協力によりNEARプロトコル上のEthereum仮想マシン(EVM)であるAuroraをBraveウォレットに統合することを発表しました。

この記事を読む →

Braveで新しいWebを体験する準備はできましたか?

Braveはプライバシーとパフォーマンスを重視するWebのパイオニアからなるチームによって開発されています。Braveを利用しWebの再構築に協力していただけませんか?

close
close

もう少しです...

最高のオンラインプライバシーを60秒で入手

ダウンロードが自動で開始しない場合は、 .

  1. Brave をダウンロード

    ポップアップウィンドウで「保存」をクリックし、ダウンロードが完了するのを待ちます。

  2. インストーラーを実行

    画面左下にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    画面右上にあるダウンロード済みファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

    ダウンロードしたファイルをクリックし、指示に従ってBraveをインストールしてください。

  3. インポート設定

    設定中に、古いブラウザからブックマーク、拡張機能、パスワードをインポートします。

ヘルプが必要ですか?

どこでも、より良いプライバシーを

Braveアプリをダウンロードして、出先でもモバイルのプライバシーを確保しましょう。

Download QR code
Brave logo このファイルをクリックしてBraveをインストール
このファイルをクリックしてBraveをインストール Brave logo